スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が鉄板ルアーおそるべし、釣れるヤマメのサイズが違う。

週末はよく雨が振りましたね。
なんか天気が悪いんで、大きなストロークの釣り(離島遠征、ボート釣り)
がやりにくく、時間もないのでどうしても近場や、お手軽となってしまいます。
その中でもこの時期手軽といえば、ブラックバスか得意の渓流です。
で今回はこのお方を使います。
CA3E0299.jpg
私の中では定番いや鉄板のルアー ダイワのブレットン
俗にいうスピナーというルアーですが、とにかく釣れる。
投げる。あとは巻くだけという簡単さ
ミノーやスプーンみたいにトゥイッチもなくただ早巻き
ヤマメを意識するなら早巻きするだけ
実際、ヤマメは早く巻けるスプーンやミノーほうがいいと言いますが、
私に言わせれば、特別なテクニックもなく釣れることや、少々厳しいとこにもキャストできる。
高くなった今でも1本350円くらいと安いんで思いっきり行けるというとこが結果が出るポイントと考えます。
もしルアーが高かったら際を攻めきれなかったり、深場を攻めきれなかったりするわけで釣りが成立しません。

能書きはそれくらいで実釣です。
開始早々アタリがあります。ごツーンとくるあたりではなくカツカツと小さいあたりです。
で釣れたのは
CA3E0302.jpg
体長5cmにもみたないようなヤマメです。
どこに行って投げてもこのサイズの魚がかかります。バスで言えば小バスがビックベイトに飛びつくようなもの。
この怖いもの知らずの勇気、まさに食へのこだわり私はこんな大物頬張れません。
あまりにもチェイスが多く、少々、かわいそうになりましたので、ルアーを交換。いや餌に交換
で使ったのは
いつものCA3E0301.jpg
これまた私の鉄板、ドバミミズ
増水の濁り水にはドバミミズでヤマメの他、川にいる魚ウグイや鯉、暗くなればうなぎにも効く万能餌
小さなヤマメがつつきます。
交わしますの繰り返し

少々暗くなり始め

怖いんでそろそろ帰ろうかと思ったその時、今までにないあたりが出ました。
周りは暗く、上には木がさしかぶり、竿を縮めやっと取り込みました。

CA3E0304.jpg

25cmほどのヤマメでした。エラから笹串を通し、手にぶら下げて持ち帰ります。
小学校の時、釣りや、ホコ突きに明け暮れ、笹串いっぱいに魚を下げて帰ったことを思い出しました。

魚は帰ってセゴシでいただきました。

今度こそはルアーで「尺」を狙います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドバミミズ

Author:ドバミミズ
自称田舎育ち
繊細な釣りの感覚の持ち主
やることは大雑把ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。