FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り仲間とのだまし合い。タナをめぐる攻防戦

記事にするようなことでもありませんが、昨夜ある夢を見ました。
私は、夢を良く覚えてます。その夢は、友人何人かとの鯛のカゴつりの模様でした。
久しくカゴに行きませんので懐かしい思いで夢を見ていました。
5号竿に道糸カゴ15号という思い仕掛けを人より遠く飛ばし遠投するという豪腕な釣りです。
さて内容はというと、鯛つりのタナについてでした。
私の師匠は、基本人にタナを聞かれると深く言います。実際は浅くしてるのですが
深く言います。
皆さんは、タナをどうお考えか知りませんが、私は鯛という魚を釣る場合、
エサがとられるようであれば、浅くします。
どうしてかというと、下のほうにはたまったエサにエサ取りが沸いてるかと考えるからです。
逆に付け餌が残りそのタナではあたりが無い場合、少しずつ深くします。
なぜその師匠は深く人にタナを教えるのか、それは自分以外の釣り人のエサをエサ取りに食わせるためです。そうすることによって自分のエサはエサ取りに食わせず、鯛の口に入れるという
算段です。これが決まるから師匠たる所以でもあるのです。
まあ、この仲間内にとっては、タナ談義は挨拶代わりで、まあ子どものババ抜きのようなものです。
何ぼ深く言おうが、浅く言おうが、5.3mの竿で、浮き止めがリール付近にあれば竿2本
真ん中にあれば1本半と容易に見抜けますので、ただの言葉のあやでもあります。
昨日の夢の中では、その師匠が、インターラインの竿を使っていました。
口では、だまされても、竿の浮き止めの位置はわかりますので、笑いながら話すのですが
インターラインですので、浮き止めの位置がわかりません。
仲間内で、困惑しながら、夢は終わり、6時のアラームがなりました。
えらく気になりましたので、お昼ごろ師匠に久しぶりに電話しました。
師匠「えらい久しぶりやんな。最近こんなどうかしたんな」
「ああ。お金と暇が無いだけです。」
「そうなボイル買うおかねもなくなったんな」
途中は長かったんで割愛
私「○○さん。最近中通しつかいよるんな?」
「そーでーなんでしっちょんの?」
「いえ、なんとなく」
正直ぞっとしました。
師匠いわく、最近視力がおち、ガイドに糸が絡まるのが見えにく心配になった。
(そりゃ夜釣りです。わたしははなから見えません)
釣具屋にライントラブルがないことと、飛びもよくなったと薦められ、実際
船用の太いPEを使っているが、前より飛距離が出ているため、ほとんど中通し
で釣りをしているとのこと
私が冗談でタナの話をし、「ほかのみんなが、○○さんのタナがわからんで困りよろ」
というと
「ああ、PEちゆうやつは、浮き止め動かすのが硬いし、動かすと緩んで一気にぼける
最近は、海の中エサ取りしかおらんから始まりから最後まで竿一本」
ということでした。
なんだかお元気そうで安心しました。
久しぶりにマダイ狙いにでも行きますかね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドバミミズ

Author:ドバミミズ
自称田舎育ち
繊細な釣りの感覚の持ち主
やることは大雑把ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。