スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が鉄板ルアーおそるべし、釣れるヤマメのサイズが違う。

週末はよく雨が振りましたね。
なんか天気が悪いんで、大きなストロークの釣り(離島遠征、ボート釣り)
がやりにくく、時間もないのでどうしても近場や、お手軽となってしまいます。
その中でもこの時期手軽といえば、ブラックバスか得意の渓流です。
で今回はこのお方を使います。
CA3E0299.jpg
私の中では定番いや鉄板のルアー ダイワのブレットン
俗にいうスピナーというルアーですが、とにかく釣れる。
投げる。あとは巻くだけという簡単さ
ミノーやスプーンみたいにトゥイッチもなくただ早巻き
ヤマメを意識するなら早巻きするだけ
実際、ヤマメは早く巻けるスプーンやミノーほうがいいと言いますが、
私に言わせれば、特別なテクニックもなく釣れることや、少々厳しいとこにもキャストできる。
高くなった今でも1本350円くらいと安いんで思いっきり行けるというとこが結果が出るポイントと考えます。
もしルアーが高かったら際を攻めきれなかったり、深場を攻めきれなかったりするわけで釣りが成立しません。

能書きはそれくらいで実釣です。
開始早々アタリがあります。ごツーンとくるあたりではなくカツカツと小さいあたりです。
で釣れたのは
CA3E0302.jpg
体長5cmにもみたないようなヤマメです。
どこに行って投げてもこのサイズの魚がかかります。バスで言えば小バスがビックベイトに飛びつくようなもの。
この怖いもの知らずの勇気、まさに食へのこだわり私はこんな大物頬張れません。
あまりにもチェイスが多く、少々、かわいそうになりましたので、ルアーを交換。いや餌に交換
で使ったのは
いつものCA3E0301.jpg
これまた私の鉄板、ドバミミズ
増水の濁り水にはドバミミズでヤマメの他、川にいる魚ウグイや鯉、暗くなればうなぎにも効く万能餌
小さなヤマメがつつきます。
交わしますの繰り返し

少々暗くなり始め

怖いんでそろそろ帰ろうかと思ったその時、今までにないあたりが出ました。
周りは暗く、上には木がさしかぶり、竿を縮めやっと取り込みました。

CA3E0304.jpg

25cmほどのヤマメでした。エラから笹串を通し、手にぶら下げて持ち帰ります。
小学校の時、釣りや、ホコ突きに明け暮れ、笹串いっぱいに魚を下げて帰ったことを思い出しました。

魚は帰ってセゴシでいただきました。

今度こそはルアーで「尺」を狙います。
スポンサーサイト

無念 沖ノ島は雨で中止 雨の中 ブラックバスにも。。。

あーあ
よくあることですが、沖ノ島天候不良のため中止となりました。
一応、船は出たみたいですが、私より良識のある仲間たちが、
「大雨が降るとわかって釣りに行かんやろう」
と早々に予定を中止したわけであります。
まあけど実際こんな感じで河川は増水し、家に残った家族のことを考えると
中止は適当で、いち早く決断してくれた先輩に感謝です。

大雨で増水した川
CA3E0292.jpg

日曜の朝は雨も落ち着き、早朝より息子とバス釣りです。(5時半出発)

1箇所目のリザーバーでは、水質良すぎプラス急激な増水&大量のヘラの産卵で

このパターンで釣れた試しなく早々に撤収

1箇所目は最近得意のリザーバー

激濁りプラス先日から約2m以上の増水(ダム本来の役割をしていただきました)

息子と今日も「一休さん?」と言いながら、バックウォーター
CA3E0293.jpg

息子が、「なんか水冷たい」と言いながら鮎タビウェーディング

子バスのあたりもなく撤収

移動するがギルさえ見かけない

昼に帰る予定もあり、時間もなく一休さん決定としましたが

そこは往生際悪い管理人

帰りに川に行きました。

スピナーベイトからいろいろ使ってあたりなく

本当に帰ろうと思ったとき、異様な気配を感じました。

CA3E0295.jpg

このお方

先日はお世話になりましたと一礼し

針につけさせていただきました。

竿を持ってる元気もなく

置き竿であたりを待つこと5分

小さいながらアタリがあります。

小魚であることを確信し、そのまま放置

針掛かりしたみたいなんで上げてみると

CA3E0294.jpg
30弱のウグイくんでした。

ミミズはあともなく食い散らかされてました。

よくこの小さい口であの巨大ミミズを食いちぎれるもんです。

一休さんは免れましたが、
もはや私とミミズ君は切っても切れない中となりました。

ああそろそろ、手がだるくなるような大物つりたいな~

今週末の予定は未定です。

見よこの様を 素人ほど道具多し

遠征前の準備です。
CA3E0291.jpg
ちなみに夜中であります。

もう私の中で釣りが始まってます。

現在アドレナリン発生量

40%

今晩、荷物をセッティング

行く前に昇天\(◎o◎)/!

急ですが、離島遠征(修行)の旅 決定しました。

急ですが、タイトル通り、週末の離島遠征が決まりました。場所は沖ノ島です。
毎回ながらぱっとしない釣果ではりますが、今回も自信はありません。
ただ、土曜、日曜と今回も雨みたいですが波風あまりない予定です。今回も修行となりますが、全力を尽くして
がんばります。

今まで私のジンクスで、大きなクーラーを持っていくと釣れないというのがありました。
だから、上品に小さめのものを持っていってたんですが、今回はなんと50リットルの大型を持参します。
ジンクスの反対をやってみます。

目標
イサキ(30cm)20匹
ヒラゴ(50cm)10匹
マダイ 1K程度 3匹
マダイ 2、3キロ1匹
それに今マグロがつれているみたいなんで
マグロ 1M   1匹

かなり大漁ではありますがあくまでも目標です。


嫁さんにちくちく文句はいわれるものの
最近、家族への撒き餌が効いてるせいか
快く許していただけました。

そして
「大きな魚はいらんけんね」
「いっぱい釣れんとは思うけど、釣れた時は、みんなにあげてきて」

大きな魚はいらん?
5号竿にハリス10号、針は13号以上ででかい魚はいらん
いっぱい釣れんとは思う?
50リットルのクーラーもって行くのも恥ずかしいんぞ
「いっぱい釣ってきてね」
といわれるのもプレッシャーを感じますが
釣らんでいいといわれるのもなんか心に響きます。
息子
「おとうさんは沖ノ島に旅行にいくんよね。」
おれ
「そうそう旅行です。」(どうせ釣ることができません)

「父の日のプレゼントたい。楽しんでおいで」

と、さっと軍資金(渡船代、えさ代)をくれました。

さいきん嫁さんのわかりよく怖いですがプレッシャーはありませんので

全力を尽くしてみます。

thumbnail.jpg

まさかこんなことは無いとは思いますが・・・

嫁さんには怒られますが

こうありたいのが釣り師の本音です。

やる気まんまんから玉砕 最後はルアーマン放棄

田植えも終わり
最初の週末
別に釣りに行きたい気分でもなく予定もなく

そんな時は

1.道具の整理
2.次の釣行準備

などなど

やることは多いんですが、

家に帰り息子と顔を合わせるなり
息子が

「お父さんあした何するん?」

だいたいこういう時は釣りに行こうと最速の場合が八割ほど

「別にたいした用はなし」
と返す。

先日から家族には十分すぎるほど撒き餌がきいているせいか

「釣りに行ってくれば?明日は部活もないから行きたいって言ってたよ」

と息子の今の気持ちを教えてくれる。

やっぱり母ちゃんには言いたいことをいううやなとも思い

気持ちよく

「じゃ行きますか」

と相成ったわけで

今回は、バス釣りで、息子と出がけに大物を狙おうと志を確認し

子バスには食わせ(ワーム)は使わぬよう

とにかく大物狙いで行きました。

まずは北部九州、某 野池

IMGP1079.jpg

ちょっと水は多いがいかにもって感じ

がしかし

強気に行こうが、ソフトに行こうが

何をやっても

IMGP1078.jpg

こんなんばっかし(ギリギリキーパーな感じ)

午後2時

見切りをつけ大物探しに向かったのは得意の某リザーバー

ここの場合、水は代掻き水で濁りが入り

生命感すら感じない

「おしまいか?」

息子が、「ワーム使っていい?」

別に止めるわけもないので

使わせてみると

IMGP1082.jpg

まったく気配を感じなかったのにすぐ釣れちゃいました。

ゲーリー様は偉大だ━━━━!!と関心して

自分もやってみるが当たりなし

時間は既に19時になろうとしている。

とその時、地面に独特の存在感

迷うこともなく、ラバージグのトレーラーを外し

新たにトレーラーになっていただきました。

サイズ的には10インチを上回るかのような化物

IMGP1083.jpg

うねり返すエイリアンをはるか沖にロングキャスト

着水とともに

海で言うならベラのあたりのようなカチカチの当たり

持って行かれたので合わせ

明らかにこれまでの引きとは違う魚

IMGP1088.jpg

写真では分かんですが
ギリ40アップって感じ
しかもがっぷり食ってます。

大体、ああいうあたりがあるときは他にの魚がいる時と考え

気を取り直し

正々堂々と

IMGP1089.jpg

沖に入魂するも

当たりなし

生の勝ちとなりました。

生き餌を使い、バスを釣るなんざルアーマン失格ですね。

でも私、成果主義なんで・・

もう何回も生き餌を使いましたが、明らかに食い方が違います。ワームみたいに静かに食わえず、がっちり食ってます。
ということは、ワームにおいては半信半疑でバスは口を使っているってことか?。。

夜も更け、
IMGP1090.jpg

もう蛍が目にかかります。

果てました。息子共々 

更なる、小ワザ、セコ技を充実させ・・

息子の部活、試験が重なるんで、バス釣りは一時中止?と思われます。

次の更新は是非とも海釣り記事でありたい。



東京スカイツリー じゃなくて 研修会

ちょっと研修会で東京まで行ってきました。

実は、4月には東京行きが決まってましたんで事後報告でございます。

場所は、墨田区となります。

墨田区といえば、そういま話題の東京スカイツリー

今時期に、社用で墨田区に出張なんて、しかも2泊3日

そりゃ羨ましがられました。

しかし、当の本人(私)はまったくもって東京にもスカイツリーにも興味なし

田舎なら地の果てでも探して仕事に望む気はありますが、

飛行機に乗って、地下鉄乗って、ついたら人、

でまずしょうに合わない

簡単にいえば行かなきゃ行かないほうがいい程度でがっつり疲れて帰りました。

ここからはせっかくなんで写真を貼ります。

まず、現地についてから
IMGP0933.jpg

IMGP0936.jpg

ついてすぐこの写真送ったらかあちゃん大喜び

隅田川
案の定、油の匂いというか、MIXされた匂いだ遊覧船らしき船も往来していますが、おそらく臭かろう。

IMGP0940.jpg
IMGP1054.jpg

名物?のそばもいただきました。

IMGP0942.jpg


浅草、雷門、浅草寺、柏手叩く人もいたがここってお寺でしょ 合掌ですよね?
夕方でもあるが、参道の人もまばら

IMGP0950.jpg

IMGP0951.jpg

近くから
IMGP1046.jpg

実際は登れない人が多いんでほとんどの人はここ目当て?

IMGP1049.jpg
人が多いんで入るのに躊躇しました。

中はこんな感じ

IMGP1042.jpg
多くの人で賑わいます。

お弁当売り場はもちろん

IMGP1043.jpg

江戸の人は寿司が好きなんですね。
白人の夫婦と思われる男女が、まとめ買いをしてました。
お土産で母国に持ち帰るつもりか?\(◎o◎)/!

商店街に隣接する店(スーパーか?)はこんな感じ

IMGP1044.jpg

干物が綺麗に見える照明を使うあたり江戸っ子って感じ?

エビフライももちろん

IMGP1041.jpg

なんでもタワー、タワー、タワー
よく見るとタワーに便乗し随所に価格もタワー価格(値段に注目)

なんやかんやで

研修会も無事に終わり

IMGP1062.jpg

さよなら東京

自ら望んで東京の地を踏むことはまず無いでしょう。

最後の東京の景色を目に刻んだのでありました。


やっぱり、釣りがいいと思ったのでありました。

チャンチャン
プロフィール

ドバミミズ

Author:ドバミミズ
自称田舎育ち
繊細な釣りの感覚の持ち主
やることは大雑把ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。