スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休は沖に遠征でデカマサか?それとも豊後水道でカワハギか?

いよいよGW突入ですね。
私の場合、田植えの準備や、何やかにやら庭の草むしりやらで普通の人より5月の連休は忙しいです。

が、今回9連休ということで、そこ1日、2日は余裕はあります。

まあ天気次第ですが。。。

このために、冬眠中は家族サービスに徹し、常に 嫁さん優先

娘の意見にも耳を貸し

われわれ息子と二人男子は、禁欲をしてきたものでした。
(とかなんとか言って結構釣りに行ってるけどね)

ところが、日曜の夜、嫁さんが「こんど連休はどっか釣りいくと?」ですと

迷わず行くといいました。こんなこと言われるの10年ぶりかいな?

とにかく予定は未定ですが、沖でデカマサか豊後水道でカワハギかテンヤと行ってきます。

もう頭の中は、沖のデカマサでいっぱいで

ハリスは今回12号にするかとかエサは何角買うかとか

もう そればっかりで 机上にて釣りの半分以上は終わる勢いです。

あとは天候次第、沖になるか?豊後水道か?

どっちでも望むところであります。

まあ本当にデカマサ(10キロ以上あるようなヒラマサ)が針にかかったら

手も足もでません。

引きずり落とされるかもしれません。

かかってもタモで救えないかもしれません。(一人ではヒラゴで精一杯)

ですが想像するのは私の勝手で自由です。


次の更新は

連休明けです。
スポンサーサイト

ソウルシャッド 小バスに炸裂 加藤さん最高

日曜、天気が悪いはずでしたが、土曜の暴風は嘘のように遠ざかり、朝から結構天気いいじゃん的な感じで
始まりました。嫁さんのどっか連れて行け攻撃が。。。
釣りに行きたいからとフェイントをかけると、2時間くらいなら釣りしていいよとあくまでもどっか遊びに行く方向で折り合いました。まあここでポイント稼いで、連休あたりは、デカマサ狙いか、カワハギでも行きたいところです。で今回は宇佐エリアの旅です。
まずはここから
IMGP0683.jpg
昭和の名横綱双葉山の実家です。
IMGP0686.jpg

さすがでかいと思いましたが、実物よりでかい銅像でした。
たいして相撲は好きではありませんが、昭和のこの時代にはものすごく興味があります。

続いて

IMGP0688.jpg

IMGP0690.jpg
IMGP0689.jpg

現在の中学2年生というところに自分の息子と重なり、切なくなりました。
IMGP0695.jpg

この記念碑のも心打たれます。

・・・・・・・・・・・・・・
なかなか釣りにいけませんが、いよいよ目的地に移動です。

深耶馬渓の峠を越えて(ここがまたきれいでした。)

IMGP0699.jpg

嫁さん、娘を車に置き、息子と二人でいつもの某リザーバー

IMGP0733.jpg
適当にシャローがあっていい感じです。

で第一投目は最近使いたくてたまらないこのルアー

IMGP0735.jpg

早々に息子がむこうのほうでコバスをゲットしている。
鼻で笑いながらこちらも第1投

超早巻きで

釣れない

2、3、投げ同じパターンでバイト無し。

今度はスピードを少し落としリトリーブ

ん、、

何かがかすった

次はリトリーブからのジャーク

ん、 また何か

ミスバイト


今度は思いっきりポーズを入れてみた。

すかさず食ってきた。
IMGP0734.jpg


そのあと同じパターンで

このクラスが入れ食いでもうほんと加藤さんの才能には頭が下がる。
小さいながら食いがとまらない。しがみついてくるコバスに飽きて場所移動を決断

帰りたがる嫁をあと30分と説得し移動

救世主登場です。

IMGP0736.jpg

去年探し続けた、山ミミズ (デプスのキンクーのような色)

針に付けようと思いながら写真に収めていると

息子いわく「ほんとせこいオヤジやな」と一喝

ミミズをとりやめ、せっせとシャッドを巻き続けるも

とうとう大人のバスにはあえませんでした。

連休にどっか海にでも行こうかな?

バス釣りのはずが。。某リザーバーに桜咲く

先週、近所の川でウグイ釣りとなり、今週はルアーでリベンジすべく、ルアーチェックしたところ
思い当たるルアーは無く、泣く泣く釣具店で新品を購入
IMGP0705.jpg
ダイワのブレットン
これ以外に川で爆釣を予感させるルアーは無いが、いつからこんなにくなった?
ちょいと前までは500円だったような?
娘も川について来るというので、親心か親バカか、娘に魚を釣らせたいばっかりに、新品購入のルアーを
息子に渡し、娘と川虫でウグイ狙い
IMGP0659maru.jpg

いつもの竿より短いのを使ったけど娘には重たいみたい。

とよそ見をしてたら釣っちゃってました。

IMGP0663maru.jpg

あいて構わず適当に釣れてくれるから娘も大喜び。

兄貴がルアーで何も釣れず、娘に釣りの指導となりました。
この兄弟は、大喧嘩もしないがほんと仲がいい。

IMGP0664maru.jpg

娘が大声できゃっきゃ言いながら大きく竿を曲げ、兄貴も竿に手を添えあがってきました。
IMGP0667maru.jpg

30近くあるデカウグイです。ここまでなる手応えも相当なもの


冒頭のタイトルバス釣りです。
ボートの使用も考えましたが、時間の都合で、陸ぱりで息子と二人某リザーバーIMGP0702maru.jpg

こんなところでこんなルアーで先日巻き変えたPE08号も調子よく、小魚も多いことから
釣れる気満々、やる気も満々

息子も、いつものでかいトップは封印し、本気モードへ突入

IMGP0703maru.jpg

なんか僅か竿が曲がったと思えばこのお方

IMGP0704maru.jpg

小バスでも久々でうれしいとの事でした。

とボイルが始まりました。
何物かに激しく小魚が追われてます。

私もルアーを投入

超高速リトリーブ→反応無し
高速リトリーブ+ジャーク→反応無し
高速リトリーブからストップアンドゴー→ガッツーン
見事にヒットー

まあまあの引きで、サイズを確認し、ジャンプを警戒しながらのやり取りで


ジャンプしない感じ

なんか違う

なんかおかしい

ひょっとして

ナ◎ジー ??

え、

うそっ

ここまできてこいつかー

しかもでかい

IMGP0700maru.jpg

はっきり言って

バスの50UPより確立低いんじゃないの?

先日までのウグイのたたりがここまで来るとは恐ろしや

しかもおそらく自己記録最大であろうウグイのサイズに参りました。


息子に

「おとうさん。魚拓とらんでいい??」

落胆隠せない親に容赦ないB型ビーム


桜にお見送りいただきました。


IMGP0647maru.jpg

山上湖は桜が満開でした。

おとなしく花見でもすりゃよかったな。

ヤマメ狙いのはずが・・まあ楽しけりゃいいか。

予告どおり、週末は息子と川にヤマメ狙いに行きました。
まずは腹ごしらえ
IMGP0594.jpg
焼そばです。
二日酔いだったんで、豚骨スープはちょいときつかった。


私の場合、長年のカンを生かし、ヤマメ狙いでも狙うは尺以上の大物で、上流域ではなく本流に潜む
ご老体のヤマメが今回のターゲットとなります。

基本的に、この釣りはカンが全てで、無理して険しい上流に入ることも無く、人の出来ないような
激流にたつことも無く、ウェーダーも履かず、普段誰もが釣りをするようなところが釣り場となります。

もちろんカンとは言うものの、経験を重ねたカンです。釣れる見込みが無いままにはやりません。どうせカンだから無理せず釣ろうというスタイルです。

今回は、川虫を使います。
釣りをするところはまだ川虫が小さそうなんで、さらに下流のあったい川でえさ探し。
※この時期は、自分の中では川虫が最高に釣れるんであえて川虫なんです。

IMGP0597.jpg
 

まだおっちゃんには水が冷たいんで息子にとらせます。

今回、メインで使う虫はこいつです。

IMGP0599.jpg

黒川虫です。私たちはセムシと呼びますが

こんなのも獲れました。

IMGP0606.jpg

よしのぼり君です。実はこれを針に付けてもよかったんですが、息子があまりにも反対するんで今回はやめときます。

案外今時期食わないやつ

IMGP0608.jpg

ガザメ(モンカワゲラ?)です。

こんな感じでいっぱいとれました。

IMGP0600.jpg

釣具屋により、道具の補給をしたあといざ川へ向かいます。
今回の仕掛け
渓流竿 硬中硬 63
道糸3lbフロロ 何でもよかった
ハリス0.8号 普通は04か06
針 マス針 7号 (買い置き)
に鮎用目印にて脈釣り

でかい鯉でも掛かったら、竿が折れそうな感じ

IMGP0621.jpg

IMGP0622.jpg

川むつです。水かさが増し、時間も無く、水温低下が考えられたんで即移動

次のポイント 川幅広く6.3の竿では、ちょいと物足りないかんじ

IMGP0623.jpg

こうみえて水の中は複雑で、水深もあり、生命観ばりばりで即投入、もそもそしたアタリは
このお方
IMGP0627.jpg

25cmほどのイダ(ウグイ)です。結構いそうなので少し上流へ

IMGP0628.jpg

いかにもなんだかいそうな感じですが、強烈なやり取りとともにあってきたのは

IMGP0630.jpg

またもやイダさんです。しかしこのあともこのクラスが入れ食いで、釣れ続きます。
ヤマメは忘れ、もはやイダ釣りに没頭し、エサも尽きたんで、そこを後にしました。

実は、この川に来た時にすばやい当たりで一気に走り、針を折った魚がいました。
たぶん鯉か何かとは思いますが、鮎解禁前に又リベンジします。
次回は、禁断のルアー持参です。 しかしルアーもイダの大好物だもんな~

春の野池 冬眠中のバスをゲット

ちょいと仕事も暇になりましたんで、野池にバス釣りに行ってきました。
息子との予定が、娘に知れ渡り、嫁さんにばれた時には、「お父さんとおにいちゃんはうどんを食べに行くらしい」という形で知れ渡り、釣りに行くと弁解はしたものの、うどんを食べるのは事実でもあることを言った瞬間、「ならば私たちも行く」といつもながら決断の早い嫁さんです。
でいつものうどん屋さん
IMGP0521.jpg
昼時期は多いんで13時過ぎに行くのが好きです。
娘の釜揚げうどん
IMGP0522.jpg
うちの娘は釜揚げうどんが大好き
体は小さいが、この量をぺろりとたいらげる。
次は息子のブッカケ(大盛り)
IMGP0524.jpg
息子がこれがまたわかめうどんかブッカケしか食べない
で私のスタンダード
GOBOTENうどん大盛り+イナリ
IMGP0525.jpg
麺のつやつや感が最高
IMGP0526.jpg
嫁さんは一番高い定食を注文したが撮影前にフライングしたため画像無し
しかしいつもながらに旨い
うどんは庶民の食べ物で、高級感とかではなく、とにかく普通に旨いがやっぱり旨い
あとお値段も大事ね

ここからが勝負となります。
これからどうするか?
嫁さん:「買い物に行きたい」
息子:「釣りに行こう」
娘:「みんなで買い物言ってその後釣りしたら」
私:「じゃそうしよう」

常に娘の言うことを尊重するバカ父です。

という言い方もありますが、ここでごねると強妻にねじ伏せられ、釣りさえも出来なくなると考えたことはいうまでもありません。

しばし買い物です。店内ではみんなばらばら
4時に、車集合で解散しました。
というか私は車の中で満腹癒しのお昼寝です。

さあいよいよ野池です。
このブログがつりブログであることを忘れてました。
春先というか、いつでも自分の中では坊主は無い野池
まずは、春を意識しシャッド
PEラインを8本ヨリの0.8号に変えました。
飛びも最高なのとラインノイズがほとんど聞こえない
ラインのノイズも少ないが、魚からの反応も皆無

息子が鉄板系のルアーを遠投しだした。
娘に、シャッドのついたロッドを渡し、実績のあるバイブレーションで
ボトム付近をゆっくりリトリーブ
が全く反応はなし
遠くにいる息子のロッド動きがおかしい
「まさかやわらかいやつを使ってる?」

今日は使うまいと心に決めていましたが、
1、他のルアーに全く反応が無い
2、もともとこの池は柔らかいのが大好き
3、もし私が釣れなくて、息子に釣られたら何を言われるかわからない。

これ一番大事

で私がチョイスしたやつがこれ

IMGP0531.jpg

2.5インチです。
せこすぎです。

もうかれこれ野池に来て一時間以上が経過しようとしてます。
車の中で携帯いじってる嫁さんもそろそろお怒りの時間へと突入していきます。

形はどうあれなんとしてもほしかった。
ダウンショットでボトムを丁寧に探る。
もうだめかと思った時
なんか変

ゴミ?!

何?

重みはありますが全く動かない

バス?

バス君でした。

IMGP0530.jpg

なにかしら真っ白で
もう春なのに
魚も冷たく
あと少しですかね

毒舌息子が
「春なのにでかいの狙おうよ」
だって

息子のワーム
6.5カットテールのテキサスリグ

オヤジ
2.5インチシュリンプの
ダウンショット

なんといわれようが
魚だけ追い求めます。

今週はヤマメにでも行きますか。
プロフィール

ドバミミズ

Author:ドバミミズ
自称田舎育ち
繊細な釣りの感覚の持ち主
やることは大雑把ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。