スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒いほうがいい釣り?なのに

毎年のことですが、この時期年度末ということもあって忙しい。
寝る暇も削り、一週間仕事して、週末はいつでも釣りにいける準備はしておきながら
気力がありません。はっきり言って眠たいです。
そんな中、最近自転車に乗って遊びまわってるはずの息子が家に帰り、
「おとうさん。川にイダが真っ黒になってよっちょったに。引っ掛けにいこうよ」
寒いんで丁寧にお断りしましたが、僅かながらでもバカのDNAが入ってる息子は、一人で準備を始めました。
でなんで引っ掛けかというと、既にエサの持ち合わせも無く、引っ掛けが手っ取り早いから。
イダ↓↓こんなやつ
イダ
俗に言うウグイです。
こんな魚普通は食えたものではないのですが、冬だけは旨い。特に20以下のセゴシは最高なんです。
引っ掛け仕掛けですが、1号の糸にヤマメ針を縦向きに3本か4本結び一番下にガンダマを入れます。
魚を狙うのではなく底を引き回し、魚信を捕らえたら、静かに引き上げます。
大きい文字その際、群れが散らないように、魚の群れから離れたところで取り込みます。
と能書きもそれくらいで川にいってみますと、魚がいるではありませんか。
大きい文字
静かに近寄り、離れたところに仕掛けを投入、ゆっくり引っ張って(息子がね)

魚がかかったー

外れた

群れが散った。
その後、一向によることは無く

水温がまだ高いのか、逃げ惑う姿たが妙に元気で活性が高かった。


鼻水をたれる寒さの中、バカ親子は見事撃沈

週末も活性がいいここを願い、口元にエサを運び釣りを成立する計画をしたけど

きっと今週の寒波で、活性がた落ちですかね。

ということはまたひっかけか
スポンサーサイト

これでエサまみれの手で撮影可能となりました。

長年使い倒したデジカメですが、とうとう電源が落ちなくなり修理を断念しました。
デジイチは所有しているものの、運動会で使うくらいで、現実的には、コンデジのほうが
圧倒的に使用頻度は多く、勝手もいいのであります。
最近、家庭サービスが行き過ぎたせいか嫁さんの機嫌も良く、快くカメラを買うことに同意してくれました。
今回は、釣りで最大限威力を発揮すべく防水、防塵、耐衝撃で検討です。
雨の日のバス釣りや、エサまみれの手でも安心で、(あとで洗える)海水浴状では水中撮影も可能です。
(特にヒップね)
早速ネットで口コミ検索
真っ先に候補に上がったのがこのカメラ
PX.jpg
リコーのカメラです。
口コミの内容も良く、値段もこの手のカメラでは一番安く、評価点、価格点ともにトップのものです。
他のカメラも考えましたが、安くてよけりゃそれでいいのでこいつで決定と思い、大蔵省同行のもと
電気屋さんに行きました。
早速店員を捕まえ在庫を確認したところ、在庫はシルバーしかなく、現時点でいつかわからないというんで
もともと色とかどうでもいい性格なのに、このカメラにかんしてはどうしても写真のグリーンがほしくて、
新年早々最大の妥協を覚悟したところ
嫁さんがきて
「これGショックみたいでかっこいいやん。これにしたら?」
と持ってきたのがこのカメラ
view_image06.jpg
もともとこいつがほしかったんですが値段的に高かったり、口コミが悪かったりしたんで、
あるのは知ってはいたものの買うつもりも無く、さわりもしてませんでした。
ちょっとお高いので、嫁さんに金額を確認したところ
「2万円くらいならこれ買えばいいやん」
結婚以来、執拗にいじめたおされた自分はどうしても今ある現実が信じれぬままただボーっとしてると
店員がきて、
「このカメラでしたら新色のオレンジがあります。実物をお持ちしましょうか?」
ここぞとばかりに店員の言いなりになり、実物を見てみると、嫁さんが
「これにしい」
まさに鶴の一声です。
ふと冷静になり、口コミの悪かった原因の一つの電源ボタンを確認
押しにくいとの話でしたが、なんら問題なく、電源をおしてみるとむしろ立ち上がりが早い。
せっかちな私にもぴったりです。
電池が弱いなんて、実際使ったけど、1日に100枚とれれば十分でしょ。それ以上の性能をコンデジに求めるほうがおかしい。一昔ならフィルム四本、ざっと4000円以上の現像費いまの感覚のほうがおかしい
あとはここは実際わかんないですが、浸水するとか、なんとかでほんと使ってみないとわかりません。
まあ何はともあれ無事に防水カメラを手に入れられたわけですからね
このブログの写真もこいつで撮影します。
あ、それと嫁さんからの要望がいまだかつて何も無いのですが、嫁さんの厚意を真摯にうけとめておきましょう。
皆さんも、釣りに行くのもいいですが家族サービスも大事ですよ。
なんかいいことあるかもね。

毎年恒例ですが、佐賀関でモイカです。

毎年の事なんですが、今年も行ってきました。
豊後水道佐賀関
狙いはもちろんモイカ
去年、場所取り爺さんとトラブルで嫌な思いをしましたので
今年は佐賀関はやめようと思いましたが、やっぱりが好きなんで、去年のことは忘れていってきました。
まずはお決まりの腹ごしらえです。というか息子の熱烈なリクエストで
IMGP0080.jpg
IMGP0082.jpg
IMGP0083.jpg
IMGP0085.jpg
一応釣りブログです。
毎回お世話になりますが、食べ盛りの息子を持つ親にとって
鳴門うどんさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
3玉までは同じ値段なうえ、セットの価格が安いことまさに庶民の味方鳴門うどん(五号線沿いにもありますよ)
それから釣具店で消耗品を購入、バウは佐賀の関を向いた。(なんちゃってね)
でまずはゼンゴを購入(釣れるとは思いますが念のため)
IMGP0086.jpg
20匹購入(@50円)で1000円です。
いよいよポイント選び
昨年、もめた地磯は先客がいていましたのでパス。
1.jpg
ここも誰かやってますのでパス
2.jpg
ここも遠めにはわかりませんが、近くに行くと先客がいましたのでパス
毎年のことですのでとりあえず一尺屋方面に行きます。
ここで思わぬポイントがあいてましたので即決定です。
思わぬ一級地磯があいていて、思わず見過ごすとこでした。3.jpg
すかさずヤエンでもと泳がせ開始
IMGP0111.jpg
なんも当りなし
息子が暇で、得意のパン粉団子です。
とりあえず、特定の獲物を狙うつもりはありません。
ハゲでもくれば程度です。
IMGP0110.jpg
私はというと
ゼンゴは買ったんですがサビキでゼンゴつりです。
IMGP0113.jpg
アジにキタマクラ、スズメダイと入れ食いで、
こんなにアジ水中にいたら針のついたアジはいらないだろうということで
邪魔でもあったヤエン仕掛けを撤収です。
あんまりアジが釣れるんで、弱ったアジ、大きなアジをクーラーにいれ
小さめの元気のいいアジにエサの入れ替えをし、日暮れを待ちました。
なんか良くわからないあたりで来ました。IMGP0116.jpg
息子にも
IMGP0124.jpg
佐賀関名物 巨大アナゴです。
泳がせのアジが死んで仕掛けが沈んだのでしょうか?
当りがぱっと無くなり、息子が撃沈
IMGP0117.jpg
私もがんばりましたがそのあと何杯か追加し、翌日に備えました。
IMGP0130.jpg
スカリが波に揺られ2杯は先に死んだんで合計5杯
一晩やったにしては少ないですが、まあまあということで
しぶとくも移動
知る人ぞ知るポイントへアジを活かしながらの移動です。
IMGP0143.jpg
こんなところで
息子はというと
得意の穴釣りですが、
下が砂地のせいか、まともな当りはまったくなしみたいです。
IMGP0144.jpg
私はというと、ヤエンでアジを泳がせながら
爆睡してしまい、気がつくと何度もいかにエサをとられながらも、
あまりの天気のよさにそれでも爆睡でした。
まあ、私にしてみれば年末のイカ釣りは、漁ではなく、行事ですから
出来ればいい程度で、滞りなくイカ釣りが出来たんでそれでいいです。
佐賀関の朝日です。
IMGP0129.jpg
この景色が好きなんで又来ますよ。
初めてですが料理写真です。
エサのアジを活かして帰り、セゴシにしました。
IMGP0149.jpg
イカはノーマルに刺身で頂きました。
次回は釣りの予定はありませんが、
出来れば初釣りに行きたいところですが。。
予算と暇の関係で
一月は無理かもしれませんね。
プロフィール

ドバミミズ

Author:ドバミミズ
自称田舎育ち
繊細な釣りの感覚の持ち主
やることは大雑把ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。