スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ釣りに行きたいですね。

相変わらず気ぜわしい毎日です。
アベノミクスのお陰? 今年はなんか知りませんが仕事が多いです。
まあ、消費税上げるとなれば、そりゃ誰だって増税前に大きなお金、使いたくなりますわな。

そんなこんなですがちょこちょこっと近況報告です。
CA3E0663.jpg

先月、雨の中テンヤで真鯛狙いに行きました。
目標達成ですが、鯛は鯛でも塩焼きクラスの小物でした。

CA3E0677.jpg

息子は絶好調で、変な魚ばっかり釣ってます。

CA3E0684.jpg

私はこいつでデカイバスを釣ろうと計画しましたが、あまりにも可愛いのでそのままそっとしておきました。
おとなしくルアーで釣れたのが↓↓↓↓↓

CA3E0685.jpg

ルアーは7cmのシャッドです。
小バスを釣るのも必死で、どうやら魚釣りのカンが薄れているような感じさえします。

今月中には近海に浮いてきますんでしばらくたって報告します。

スポンサーサイト

蒲江でモイカ爆釣!!

すんません。アクセス稼ぎにタイトルをより過激にしました。
金曜日に仕事を終え、実家に帰省することなく、そのまま蒲江入り。

とある有名な瀬渡し船にお世話になりました。
 
思えば蒲江で渡船に乗るのは何年ぶりか?子どもの頃じいちゃんと何度も来た記憶はある。

そんなわけで、6時半出船、気になった風も朝は無く、順調なスタートとなりました。

IMGP2363.jpg

沖に見えるの屋形島 なんという爽快な空の色。

釣り場はこんな感じ、写真じゃ狭く見えますが、広々とし、3人は余裕でやれそうなところ。
最近沖ノ島じゃ立って寝るような狭いとこばっかりだったんで、恐ろしく広く感じます。
しかも貸切です。
IMGP2356.jpg

とりあえずインターラインロッド鯵をセットし、ヤエンでイカを狙います。

が、朝マズメ イカからのあたりは無く時間ばかりが過ぎ去ります。

泳がせで二本目投入

IMGP2361.jpg

この日は、大物をしとめるべくいつもは2号竿なのに、2.25号という剛竿でアタック

1場所、2餌、3仕掛けの方程式は完成し、答えは出るはずなのに・・・

風ばかりが強くなり、やりにくさばかりが増します。

そこでタモ網が風で海中に転落

20分くらいかかるも何とか回収に成功

腹もすいたのでアルポットでお湯を沸かし、カップラーメンにお湯を注ぎ超固めんで一口すすり

なんか浮きの動きが気になり竿のほうに行った。

何にも無かったんで戻ろうとした時、海面にカップめんの殻らしき物体が・・・

なんとカップめんまで風で飛ばされてしまいました。

でまた落ち込んでいると見回りの船がきて。

船長「ここの水深12から15m底から1.5m以内を流さなきゃイカは食わんよ」

だって

そりゃ釣れんでしょうな竿1本半(約8m)じゃ

言われるままにタナを調整

すぐさま当たりが

しかし

バラシ

また

バラシ

そして

バラシ

当たり連発 バラシも連発

思えばこんな深い棚でのモイカつりは初めてで

強い合わせは一切通用せず、ゆっくり聞き合わせをしてみると

IMGP2362.jpg

小さく見えますがキロアップです。


しかし時既に遅し

この後、根掛かりのトラブルはあったものの連続2杯を追加

計3杯

IMGP2366.jpg

回収の船が来ました。

帰ってみると名人というお方は、2キロクラスを12杯

そのほかにも2キロクラスが数杯出ており、ブログ用に写真をお願いされましたが
そそくさとクーラーを車に積み込み、「小イカ3杯」なんでとお断りしました。

しかし、大きな課題をのこしたままこのまま引き下がるわけには行きません。

帰りに船長より、合わせの極意を教えていただきました。

頭の中にあるうちに是非とも実践せねばなりません。

こんどこそは
20130216172957.jpg

こんなかんじでよそのブログにお邪魔しますよ。

釣りにはいってますが。。

少しの間、ブログを中止していました。というか仕事と家族サービスに専念していました。
といってつりに行ってないわけではありません。
年末にかけ天草方面まで行って、ガジラ釣りをしたが芳しくなかったことや、正月明けて佐賀関に
モイカ釣りに行くも全くダメだったことや、今日ですがリベンジに蒲江にモイカ釣りを計画したものの
急用で中止になったことといろいろネタはあります。釣れないだけで
そんな中、佐賀関で一匹のメモリアルフィッシュを釣上げました。CA3E0483.jpg
どうですか。
リールは1000番のルビアスです。
大きさは想像にお任せします。
去年はあまり釣りにいけなく、あらゆる面でつりに対し不器用になりました。
今年は、狂ったように釣りに行く予定です。
ではでは

釣り三昧のはずが・・本当に貧乏暇なしとなりました。

広告でも張られて無いかと恐る恐る自分のブログを開くと、なんと無事でした。
別に広告張られてもいいのですが・・
釣り三昧となるはずが、直属の部下の移動、退職が重なり、ヘタレ上司である私のところに、土石流のごとく仕事が流れ込み、昼は、会社で弁当を注文し、夜は自宅から持ち込んだ弁当を食べ、ここ3週間ほどは、毎日12時、1時、2時、3時とほぼ毎日が16時間以上の労働で、まさに最悪の状況です。
こんな中、釣りバカは、10月いっぱいに仕事をきりつけ、11月頭には、沖ノ島釣行を予定してます。

次の更新は、大鯛の写真か?

ちょと川を見に行ってきました。

しかし、悪魔のような梅雨がさったと思えば、うだるような暑さ
幸い、地元は涼しく、週末は網戸だけで寒い思いができます。
そんな中、この前から川がどうなったか気になったんで、子供と遊びを兼ね
ちょっと川遊び行ってきました。
11.jpg
いつも見ないとわからないと思いますが、川沿いの岩が顕になり土砂は流され、当然コケも草も流されてます。
12.jpg
この石の両脇は、落差をもった滝が二つあり、淵になっていました。今は淵は埋まりかろうじて、岩だけが残っています。
13.jpg
ここは昔は瀬でした。
見ての通り、護床ブロックは、むき出しになり、下側を洗われてます。ここは川底が土砂で擁壁の前だけブロックで固めてましたが、洪水の影響で川底は洗い流され、ブロックが出たものと思われます。

で、魚はというと、まず小魚はほとんどみませんでした。
いたのはイダ(ウグイ)のみで、マス系の魚はみませんでした。

とにかく、川虫もいない状況ですので、魚もいないものと思います。
小魚がいないのも少し気になります。

地震もそうでしたが、もうほとんどの人はこの前の水害のことは忘れてますが
田舎はまだこんな感じなんです。

14.jpg

私の車のさきの道は流され寸断している状況です。
これは、下から道がなくなったケースで、山の上から大量の土砂が道をかぶせ通行止めになってる箇所も多数あり、私がみても復興にはかなりの時間とお金がかかります。

ちなみに、この写真の上流には、現在も、おじいちゃんが独り住まいしています。

幸い、電気、電話は通じてるそうです。しかし病気でもしたらどうするのかと、行政の対応の遅さに憤りを感じます。

まあ田舎はどこもこんなもんです。

釣りとは関係ない記事ですんません。

プロフィール

ドバミミズ

Author:ドバミミズ
自称田舎育ち
繊細な釣りの感覚の持ち主
やることは大雑把ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。