スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ釣りに行きたいですね。

相変わらず気ぜわしい毎日です。
アベノミクスのお陰? 今年はなんか知りませんが仕事が多いです。
まあ、消費税上げるとなれば、そりゃ誰だって増税前に大きなお金、使いたくなりますわな。

そんなこんなですがちょこちょこっと近況報告です。
CA3E0663.jpg

先月、雨の中テンヤで真鯛狙いに行きました。
目標達成ですが、鯛は鯛でも塩焼きクラスの小物でした。

CA3E0677.jpg

息子は絶好調で、変な魚ばっかり釣ってます。

CA3E0684.jpg

私はこいつでデカイバスを釣ろうと計画しましたが、あまりにも可愛いのでそのままそっとしておきました。
おとなしくルアーで釣れたのが↓↓↓↓↓

CA3E0685.jpg

ルアーは7cmのシャッドです。
小バスを釣るのも必死で、どうやら魚釣りのカンが薄れているような感じさえします。

今月中には近海に浮いてきますんでしばらくたって報告します。

スポンサーサイト

生きてます。

ああ忙しい

週末も仕事やってます。

もちろん給料据え置きです。

ある人に

「おまえの年収すごいな」

と言われました。

だって人の倍の時間仕事してますもん。。

ああ

まじ釣りいきてぇ

天草遠征 メイタの親をゲット

熱いですね。
こんなときは海水浴
ってなわけで家族総出で天草まで海水浴に行ってきました。
じゃらんで予約すること3ヶ月前
嫁さんには、天草がすばらしいとアピール
少し遠いのが気になりますが、海がキレイ、魚がおいしいとの理由で天草に決定
したわけですが、私に頭の中は、イカにするか、チヌにするかくらいな感覚で
天草行きが決定した瞬間、海水浴のことを忘れてしまう都合のいいこの性格
何とかなりませんかね。
ってなわけで、くさい道具は積まない約束で、息子と二人ルアー竿3本を積み込み
行ってきました。
朝、家を出て、昼過ぎに現地到着。そのまま海水浴場へ
波も少なく
日差しもちょうどいい加減で
絶好の海水浴日和
思わずテントの中での1時間ほどの昼寝の気持ちいいこといいこと
一気に運転疲れも吹っ飛びました。
ただ、、
海水浴場にいる女の子少し若すぎでした。
ほんの少しですが期待がはずれ残念!!

宿にあがり、息子と風呂に入った後、少し休憩を挟みいざ出陣

近くの河口に向かってみると

まあチヌのいることいること

ボルテージは一気にアップ

息子とポッパーを投げ続けますが

釣れるのはフグ、フグ、フグ、フグ、フグ、フグ、

生まれて初めてトップのルアーでフグ釣りました。

あまりにもフグが多いんで

ルアーに向かってくるチヌが逃げてしまう始末

そんな中、足元にいるチヌを放置プレーで食わすも

痛恨のバラシ

トップのルアーが見切られ食わなくなったころ

またもや足元のチヌ発見

ジグヘッドにホッグ系のワームをセットし

目の前に落とすと

0.5秒で

丸呑みされました。

暴れられることなく天草初チヌゲット

1375528450500.jpg

42、3センチのチヌでした。

息子に写真を撮らせ、フックを外していると

息子の竿が大きく曲がってます。

なんと息子にもでかチヌヒットでした。

息子のスマホで写真を撮影

フックを外しているとおっちゃん登場

俺「おっちゃんチヌいる」

おっちゃん「いるけどほんとにもらってよかと?」

俺「二つともやるけん」

おっちゃん「ああここ通って良かった。ありがとう。ありがとう」

まったく人にお礼を言われるのもなかなかいいものです。

翌朝、出直すことを決意し宿に帰りました。

宿での晩御飯も旨かった。

翌朝、予定通り朝くるも

天候悪く

チヌの姿はあるものの

バイト無し

あきらめて宿に戻り

天草遠征は終わったのでありました。

その日は、何とか釣りに行こうと

嫁に牛深を案内するも

あまりの何にもなさに早々に撤退

フェリー乗り場の岸壁に群がる

30cm以上あるクロや、サンバソウのいることいること

魚釣り以外で牛深に行くと、モヤモヤして

体に悪いので、今度からは魚釣り以外で

牛深には行かないことにします。

ながながとすいません。

ちょっと遊んだんで

残りの夏休みは

山の中でコバス釣って遊びます。





小バス街道まっしぐら

先週、バス釣りやめようと思いましたが、

気がつくと行ってました。

その前に定例の農作業

これやんないと釣りにいけるムードになりません。

「働かざるもの釣りするべからず」

我が家の掟

今週は草きりはなく休耕田に除草剤を散布

残りの時間は、田んぼの観察

息子のお勧めのイモリの赤ちゃんがいました。


CA3E0632.jpg

かわいいですね。

40年余りの人生ではじめてみました。


本題ですが

今回のフィールドは行きつけの某リザーバー

バックウォーターになります。

CA3E0633.jpg

水量は落ちましたが

ベイトも多く雰囲気あります。

ただ

見えバスの姿もなく水の中はベイトだらけで平和そのもの

そんな中、水中のカゴに引っかかった高そうなルアーを発見

なんとPOPX 確か限定カラー

息子に採らせ無事救出

針は曲がり使えませんが塗装に艶のある美品

息子いわく

「最近、いいルアー拾った日は間違いなく釣れないよね」

まあ、ルアー拾わなくてもこの暑さの中、いくらバックウォーターとは言え

普通につれなくてもなんら不思議ではない。

じーっと見ていると子バスのボイルがはじまり

これまた拾ったワームで爆釣

釣れるのはこんなの

CA3E0635.jpg

かろうじて俺の指が入る南蛮漬けサイズ

あんまり釣れるので本当に南蛮漬けにしても良かったんですが

どうもバスを頭からかじる気にはなれず断念

太陽も上がってきたんでコーラ飲みながら帰りました。

最近、息子とは毎週釣りに行くんですが、娘は部活やらなんやらあって

なかなかスケジュールが合わずどっこも連れて行けなかったんで

釣りから帰り少し休憩し川に泳ぎに行きました。

CA3E0636.jpg

自分もと思いましたが

心筋梗塞にでもなるといけないので

橋の上から見てました。

いつも思うのですが、うちの子はほんと兄弟仲がいい。

実はこういうの見てるのが一番癒されたりします。

親子そろって撃沈こ バス釣りやめようかな?

皆さん釣れてますか?

私たち親子は釣れてません。

価値ある一匹を釣るために

平日は九州各地を飛び回り

CA3E0622.jpg

悪魔の誘いにも耳を貸すことなく

ただ黙々と仕事をこなし

週末はまず田んぼの手入れ

この暑い中、かえるの成長を喜び

CA3E0624.jpg
(写真は殿様君の赤ちゃん)今年はどういうわけかトノサマガエルが異常発生??

そして万全を期して釣りに行くはずがなぜか

CA3E0625.jpg

熊本城

熱くて死にそうでした。

そう、胸張って釣りに行くためには撒き餌(家族サービス)も必要です。

激動の週末

今回、3連休となり月曜日

朝二時半

スマホのライトを照らしながら息子が起こしにきます。

「おとうさん二時半ばい」

「(~_~;)(T_T)(-_-)zzz」

確かに言った。お前が起こしてくれるなら何時でもいいと

がしかしなぜAM2:30

理解不能の時間です。

逆算すると

朝日が出るのが午前五時 ※朝マズメ

いろいろ下見に30分で4時半着が目標

移動に1時間半で朝三時

出発前の準備で30分

そうすると2時半となる。

バカ息子と思っていたのにタイムスケールだけは正確なのはこれまた親譲りか・・

勉強は出来ないけどどうでもいいようなことには長けている。これもまた親譲り?

そんなこんなで予定通り朝まずめでしたが。。

息子のフローターは朝からパンク

気を取り直し始めるもまさかの朝マズメトップのルアーにノーバイト

自作ルアーをあきらめポッパーの大様 POPXを投げたおすもギルからの反応もなし

のらりくらりと泳ぐバスさえ見えない

なぜ??

疲れが一気にでたとこで息子のPOPXが水中に引き込まれ

あわせるもすっぽ抜け

まさに痛恨のバラシ

※ここからは心の中の親子の会話です。。

「お前はザックジャパンか」と息子をののしりながら(決めるときに決めきれない)

ふとジャークしているシャットの手ごたえが突然消えた

まさか切れたか?

と思うまもなく、ラインがこちらに向かってくる。

超早巻きで電撃フッキングするも

・・・・・・・・・・・・・・

一升瓶のような魚体が水面をわり

4826f75e03.jpg

次の瞬間、私に引きずり上げられることなく

バス君は無事に自宅にお帰りいただきました。

先ほどの息子へのコメントがそのまま帰ってきました。

「あれ60っぽかったよね!!一生あえんかもしれんばい!!」

という言葉を追加され・・・

なんとかいいながら、二人とも撃沈

時間は9時近くになったところで

リザーバー管理者による「バス釣り駆除」あい撤収

テンションがた落ちで野池を転々とし、移動を繰り返すも

たいした魚も釣れず

こんなことしてたら

CA3E0626.jpg

ちゃらちゃらした若者が

若者「ギル釣ってるんすか??」

おい「いえいえバス釣ってます。」

若者「すれがかりですか?」

おい「いえいえチョンガケ」です。

若者「・・・・・・(゜o゜)」

若者「さっき向こうの日陰で48のバスかけたんですが、糸たくりあげてたら切れちゃいました」

おい「あっそー」

若者「がんばってくださーい」

と消えていったわけですが、最近の若いもんは、バスの餌はルアーと思ってるかは知りませんが

針についてるギルが餌じゃなくってなんていうの

だいたい手にとってもないのに48のバスなにそれ

50まではないってこと

意味わかんない

今日わかったこと

ギルは針につけるとほとんど泳がず

底にいこうとする。(グルクンもそうらしい)

ギルを使うときは、浮きで宙吊りにするか、投げたらジャーク巻いてくるといい感じ

と朝2時半からやったわりには

どうでもいいような収穫しかありませんでした。

CA3E0620.jpg

写真は仕事中にみた佐世保の海軍の船です。

あんなのが欲しいのですが

無理ですかね。

魚が釣れないんで

マジでかい船ほしいっす。
プロフィール

ドバミミズ

Author:ドバミミズ
自称田舎育ち
繊細な釣りの感覚の持ち主
やることは大雑把ですが

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。